【レビュー】AirPods MAX Apple初のオーバーヘッドヘッドホン。どう?(前編)

2021-04-11

 

さてさて、色々と話題なったApple初のヘッドホン!

そのレビューをしていきたいと思います。

今回レビューするのは、AirPods MAX  シルバー  価格は61800円(税別)

記事のボリュームが多そうなので前後編の構成でいきたいと思います。

 

 

 


‖ まず結論。AirPods MAXはどう?

 

イイです!!

製品としてのレベルはさすがのAppleさんだけあって高いと思います。

ただ買ってより幸せになれる人の条件もあると思います。

個人的にまとめるとこんな感じでしょうか。

・Apple製品ユーザーであること (iPhone、Mac使用者、Apple TV加入者はなお◎)

・ノイズキャンセリング付きBluetoothヘッドホンで少しでもイイ音を求める人

・ヘッドホンは自宅で使う人

・ヘッドホン好きでヘッドホンの新しい面も見たい人

・製品に所有感を求める人

・お金に余裕のある方

詳しくは後述していきます。


‖ 開封,同封品紹介

 

外箱に雑多な記載がなくてキレイです。

裏面にはケースに収納した状態がプリントされてますね、

これかっこいい上面には製品名。

 

 

ケースに収まった状態で納められています。

シルバーと白色のみでキレイです。

この瞬間が一番グッときたかもです。

 

 

同梱は品は

・Smart Case

・取説一式

・USB Type-C to Lightningケーブル

 

 

Appleさんにはめずらしく絵付きの取り扱い説明書が同封されていました。

電源のON/OFFはSmart Caseの出し入れとかなり特徴的なのでさすがに説明が必要と考えたのかも。

 

カタチ的に賛否あるみたいですが、製品としてはキレイだと感じました。

ケースはレザーで質感は高級感があります。表面がマットで色はとてもキレイです。

形状も相まって高級なハンドバックのようです。

ただ、この状態でバックに入れて持ち運ぶことを考えると不安です。

イヤーカップの露出してる部分はキズが付きそうですし、ヘッドバンドのメッシュ部分も張り具合が柔らかいので硬いものが当たると穴が空きそうです。

 

 

イヤークッション部は保護材付きでした。

 

 

ケースから取り出すとこの状態です。

酸化被膜処理されたアルミ製のイヤーカップ。

すごいキレイです。


‖.本体のディティール

 

アーム部を一番短くした状態です。

 

 

アームを伸ばした状態。アームの調整幅は25mm程度。

イヤーカップも大きいので大体の人はフィットしそうです。

 

 

R側にはデジタルクラウンとボタン。

デジタルクラウンは回して音量調整、1回押すことで再生と停止。

2回押しで順方向にスキップ。

3回押しで逆方向にスキップ。

長押しでSiriが起動。

タッチ操作のヘッドホンが多いですが、操作ミスや手をあげてストレッチなんかすると反応してしまうので物理ボタンの方が個人的に好みです。

ボタンはノイズコントロールボタン、ノイキャンと外音取り込みモードの切り替えが可能。

また長押しで他のデバイスとの接続モードになります。

 

 

機構は特になし。マイク用穴のみ。

 

 

底面にはLightning端子穴。

 

 

アーム部はステンレススチールフレーム。キレイな仕上がりです。

このアームは無段階のアームで動きが滑らかです。

アームとイヤーカップはボールジョイントになっていてつけ心地に寄与しています。

アームの調整は好みとしては段階がクリック感でわかる方が左右が均等にできるので好きです。

 

 

ヘッドバンド部は通気性のあるニットメッシュ素材。

重さを分散して頭部にかかる圧力を減らすとのこと。

おそらくヘッドホンのヘッドバンドをメッシュ構造にしたのはAirPods MAXが初と思います。

イヤーこのヘッドバンドはすごいです。

ヘッドホン自体を持った重みに比べて頭に装着した際の重みがかなり軽く感じられます。

というか頭頂部に乗っている感覚はほぼ無いように感じられます。

 

 

イヤークッション外してみました。

イヤークッションはマグネット式で簡単に取り外しができます。

これは汚れやクッションのヘタリが出た場合にすぐ交換ができて良いですね。

 

 

クッションは音響を考えた形状記憶フォームとのこと。柔らかくて気持ちがいいです。

 

 

うっすらとドライバーが見えます。Appleの独自設計とのこと。

全ての可聴域で全高調波歪みを最小にとどめて、フルボリュームでも一貫したクリアな再生を楽しめます。


‖.スペックを簡単に

◼️オーディオテクノロジー

・ダイナミックドライバー 40mm口径

・アクティブノイズキャンセリング

・外音取り込みモード

・アダプティブイコライぜーション

・空間オーディオ

◼️マイク

合計9つのマイク

クティブノイズキャンセリングのために8つのマイク

◼️チップ

H1ヘッドフォンチップ(各イヤーカップ)

◼️サイズと重量

イヤーカップの向きは装着状態の向きで

幅およそ168.6mm

奥行きおよそ83.4mm

高さ187.3mm

本体重量 384.8 g

Smart Case 重量 134.5 g

◼️バッテリー

ノイズキャンセリング有効状態で20時間の再生時間

5分間の充電で約1.5時間の再生時間

 

前編はここまで。

 

 

 





-ガジェット

© 2022 Umber room Powered by AFFINGER5