【レビュー】ニーチェアX ロッキング & オットマン 1年使用レビュー

2021-04-17

今回は普段使っている家具 ニーチェアX を紹介します。

購入して1年間使ってみた感じをレビューしていきたいと思います。



 




‖. 1年使ってみた素直な感想

 

スゴイ快適!!

 

もうこれですね。部屋の中で居心地の良い場所が1つ増えます。

ずーと座ってられます。

基本、姿勢的には後傾になるんですが腰が痛くなったりもしません。

貼り地のテンションが絶妙で良い具合に体全体を包んでくれます。

肘掛も全然邪魔しない位置にあって、座っていて違和感を感じる瞬間がないのです。

非常に座る姿勢を考えられた椅子だなーと思います。

椅子をお探しの方は是非一度、実際に座ってみて欲しいですね。

座った瞬間に「うわ!気持ちいい。これにしよう!」ってなります。多分。

私がそうでした。

 


‖. 評判と口コミ

SNSから口コミをちょっと探してみました。

 

 

 

うたた寝してしまう方、読書がはかどる方、どいてくれいない方など様々ですね。

座り心地が最高という感想の方が多いですね。


‖. ニーチェアXってどんな椅子?

ニーチェアXは1970年に新居 猛さんによってデザインされ世界各国で愛用されている椅子の名作です。

50年以上販売されているロングセラー製品ですが、デザイン的には全く古い感じは受けません。

新居 猛さんは「座り心地を落とさず、とにかく安く、道具のように役だってこそ椅子」という信念もとに、「多くの人から愛されるカレーライスのような椅子づくり」を目指してこのニーチェアを作りました。

まさにコンセプト通りの製品です。多くの賞も受賞されています。

 

1970  日本インテリアデザイナー協会賞受賞

1982 全国発明表彰特別賞受賞

1986 グッドデザイン賞受賞

1997 ロングライフ・デザイン賞受賞

MOMA(ニューヨーク近代美術館)パーマネントコレクション認定も受けています。

 


‖. ニーチェアXの種類

ニーチェアXは足の違いで2種類の形状、シート部分の色展開が5種類、肘の仕様が2種類あり組み合わせから選択可能です。

シートのグレー色は2020年10月に発売された新色です

■ ニーチェアX 

”NychairX 公式サイトより引用”

 

価格は 49500円(税込)

サイズ:約幅61×奥行76.5×高さ86cm 座面の高さ35cm

折りたたみ時:約幅15×奥行76.5×高さ116cm

重量:約6.5kg

 

■ ニーチェアX ロッキング

”NychairX 公式サイトより引用”

価格は 52800円 (税込)

サイズ:約幅61×奥行76×高さ92cm 座面の高さ43cm

折りたたみ時:約幅15×奥行76×高さ119cm

重量:約6.5kg

■ オットマン

”NychairX 公式サイトより引用”

 

価格は 28600円 (税込)

サイズ:約幅50×奥行42×高さ35cm 座面の高さ33cm

折りたたみ時:約幅8.5×奥行42×高さ57,5cm

重量:約6.5kg

 

材質は各種類共通です。

シート:綿 座・背部芯材:金属(鋼)肘かけ:天然木(ビーチ)

脚部:金属(ステンレス鋼、ヘアライン仕上げ)

座・背部芯材:アクリル樹脂塗装 肘かけ:ウレタン樹脂塗装(2色)

原産国は日本になります。


‖. フラットとロッキングどっち?

フラットタイプかロッキングタイプかニーチェアXを選ぶ際に迷うポイントだと思いますのでちょっと比較してみます。

まずは個人的な結論としては、

・基本的にオットマンとセットでの使用を考えている方はフラットタイプ

・座り姿勢のバリエーションを楽しみたい方はロッキングタイプ

という感じです。詳しく見ていきます。

■仕様の比較

項目ニーチェアX(フラット)ニーチェアX (ロッキング)
価格41800円(税込)44000円 (税込)
サイズ約 幅61×奥行76.5×高さ86cm約 幅61×奥行76×高さ92cm
座面高さ35 cm43 cm
特徴通常タイプロッキングタイプ
イイところ価格が若干安い

オットマンとの相性が◎

ロッキングが楽しい
イマイチなところ特になし床に傷がつきやすい

 

価格差は2200円なのであまり選択理由にはならないですね。

ロッキングの床の保護は気をつけたい点です。

 

■座面の高さとオットマン

比較の中で大きいポイントとしては「座面高さ」です。

この座面高さがオットマンと併用する時に気になるポイントです。

フラットタイプが35cmに対してロッキングタイプは43cm。

肝心のオットマンの座面高さは33cmです。

フラットタイプとオットマンの座面高さは2cm差でほぼフラットの高さなんですね。

多分、これはオットマンはフラットタイプに合わせて設計されているから。

フラットタイプとロッキングタイプのオットマン併用時の座り姿勢を比較するとより分かりやすいと思います。

”NychairX 公式サイトより引用”

 

フラットタイプ +  オットマンの座り姿勢の方が自然な感じがしますね。

ロッキングタイプはオットマンの座面より少し上から足を置いている姿勢になっています。

実際、私が店頭で試座した感じもオットマンを併用した際はフラットタイプの方がしっくりきました。

ではロッキングタイプ + オットマンの座り心地が悪いかというとそうではないです。

比べると若干フラットタイプの方が良いぐらいの感じです。

これは個人の好みの差だと思いますので、やはり店頭で試座するのがベストだと思います。

 

■ロッキングのゆらゆら

ロッキングタイプの特徴のゆらゆらですが、普通の姿勢だとあまり揺れません。

私がよくする姿勢は椅子の上で体育座りする姿勢です。

この姿勢の時にニーチェアXのゆらゆらを一番楽しめます笑

基本姿勢はオットマンを使って足を投げ出している姿勢が8割、たまに体育座りしてユラユラする姿勢が2割くらいの使い方です。

姿勢を変えれることで、座っていて疲れないニーチェアXが更に疲れないイスになります。

 

■結局選んだのは

ロッキング + オットマンのセット

選定理由は、

・フラットとロッキングでオットマンの併用で座り心地に若干差はあるが気にならないレベルの差だった

・ロッキングのユラユラがやっぱり気持ちいい

・ロッキング + オットマンの組み合わせが座り姿勢のバリエーションが多くてより疲れにくい

 

 


‖. ニーチェアXのおすすめの色は?

 

おすすめは部屋の壁紙か床材または敷きマット色にシートカラーを合わせると外さないと思います。

 

カラーはシートの基本色が5色、50周年数量限定色としてブラックがあります。

 

 

肘掛けの色がナチュラルとダークブラウンの2色でシートカラーと組み合わせ可能です。

 

 

どの色もいい色なんですが、私が色選びで一番に考えたことは自分の部屋に合うかどうか。

自分の部屋は、壁紙が白色なので壁紙に合わせて、シートカラーをホワイトにする案。

または床材の明るめのブラウンに合わせてシートからをキャメルにする案の2択で迷いました。

結局、シートがホワイトは汚れが目立ちそうという理由でキャメルにしました。

肘掛けはナチュラル色で床材、シート、肘掛けと同系色でまとめた感じです。

個人的には部屋にマッチしたので良い選択だったかなと思います。

 

 

SNSから部屋においた感じの写真を集めてみました。

 

 

壁紙が白で床材が明るめのブラウンの部屋にシートカラー / ホワイト、肘掛け / ナチュラルの場合です。

床材と壁紙がシートと肘掛けの色に合ってるので全体として2色でまとまってますね。

 

 

床材がダークブラウン、シートカラー / グレー、肘掛け / ダークブラウンの場合です。

床材に合わせたシートと肘掛けの色ががマッチしてます。

床材が暗い色だとこの選択肢はかっこいいですねー。あと猫が可愛いです。

 

 

床材が明るめのブラウンですが、敷きマットをグレー色にすることでグレーのシートカラーと接続してる感じがあって違和感が少ないです例ですね。

どうしてもこのシート色がいいっ!という場合は敷きマットをシートカラーと合わせれば違和感少なく部屋に合わせられそうですね。

 

 


‖. ディティール

 

 

脚はロッキングタイプです。

シートの色はキャメル、肘部分はナチュラル色になります。

 

 

シルエットがキレイです。

肘のナチュラル色とシートのキャメル、床材が同系色で空間に馴染みます。

座った時の姿勢はこちらの動画がよくわかると思います。↓

 

 

 

「NychaurX」のタグが付いてます。

 

 

ここが一番好きですね。ステンレスのパイプがシンプルでキレイな形状です。

 

 

シートは交換が可能です。汚れやヘタが出てきたら交換が可能です。

1年間使いましたが下手れている感じはありませんね。

このシートは倉敷帆布の一級帆布というもの。

1888年から続く老舗の工場で作られています。

ちゃんとした厚みがあり丈夫です。日常使いで破れることはなさそうです。

交換用シートは 14300円になります。

この価格ならシートの色変えしたい!なんてこともできそうです。

シートの交換手順も公式の動画で説明があるので貼っておきます。↓

 

 

 

 

肘掛はピーチの天然木です。手触りがとても良いです。

 

 

折りたたんでみました。

両方の肘掛を持ち上げて、肘掛についている紐を掛けて完了です。

とても簡単。折りたたむと幅は15cm程になるので、収納性がとても良いです。

最近流行りのキャンプなんかに持っていくのもアリですね。

 

続いてオットマン。

 

 

本体と同様のX字の脚がカッコイイ。

 

 

こちらのオットマンのシートも交換可能です。

価格は6380円。

 

 

こちらも折りたたみ可能です。


‖. まとめ

イイところをまとめるとこんな感じでしょうか。

・座り心地が最高

・シンプルでキレイなデザインでどんな部屋にも合う

・丈夫で長持ち、交換部品も充実してるので長く使える

・折り畳みができて重くないので収納性が良い

 

気なる点を挙げるとすると、

・値段はちょっとお高い。

(オットマンも含めて買うと7万円ちかくになります)

・ちょっと場所を取る。後傾の姿勢の椅子なので当たり前なんですが・・・

・ロッキング脚は床の傷に注意。

(私は使用時には厚手のラグをひいています。)

 

 

製品保証が3年付いていますが、10年使っている方も多くいるようです。

10年使えることを考えると価格は目をつぶりたいですね。

このニーチェアは製品としてめちゃくちゃ良くできています。

というのも、私は一応メーカーで製品設計の仕事をしてまして、設計者目線で製品を見てしまうクセがあります。

ニーチェアXは部品点数が少なく、組立や部品交換が容易、そして頑丈。

もうこれって製品設計する上で理想的なんです。

それでいてデザインも良いとなると頭が上がりません笑

50年のロングセラーに納得の製品です。

 

 

 







-インテリアのモノ, 生活のモノ

© 2022 Umber room Powered by AFFINGER5